インナードライのニキビを改善する保湿方法は「セラミド」

 

インナードライとニキビの関係は根深い

インナードライニキビのイメージ

 

 

「ニキビが治ってもまたできてしまう…」苦労して治療ができて、無事ニキビ跡も残らなかったという場合でも、容赦なく再発するニキビの根本の原因は、たいていが肌の内側の乾燥であるインナードライです。

ヒアルロン酸を配合した化粧水や高保湿のクリームでしっかりと保湿スキンケアをしているつもりでも、肌の内側までしっかり水分が届いていて、かつその状態をずっと途切れずに維持できているか。

実際の肌の内部を自分で見ることは不可能なのが悩ましいところですよね。なかなか肌の角質層まで水分が届いていて、保湿効果のある美容液や化粧品の成分がしっかりと肌の内部で機能しているか。少なくともニキビが再発してしまうということは、何らかの原因で皮脂が過剰分泌されて、そこに詰まった油分や皮脂にアクネ菌が過剰に繁殖しているということは間違いありません。

 

 

肌の内側が潤っていればそもそも皮脂は過剰に出ない

しかし、皮脂が多量に皮脂腺から出る原因として考えられるのは、そのほとんどが肌の内側の水分不足を補うための自己保湿の手段としてという場合で分泌されることです。他に原因があるとすれば、強いて言えば男性ホルモンであるテストステロンやジヒドロテストステロンが体内で増えすぎているか、アレルギー症状として皮脂が出すぎてニキビになっている…それくらいしか考えられません。

しっかり保湿やスキンケアを毎日しているのに、ニキビが何度も再発してしまう原因。その9割以上はインナードライであると断言できます。

 

ヒアルロン酸とセラミドの併用はニキビに超効果的!

セラミドはニキビに良い

 

昨今、最も費用対効果(コストパフォーマンス)が高い肌の保湿の方法として、セラミドとヒアルロン酸を併用して両方の保水成分としての相乗効果で徹底的に肌を守るというスキンケアが定番になりつつあります。

ニキビ専門外来の皮膚科医でもこの方法を進める人が多く、高額なクリームや化粧品を全て買い揃えてちまちま使うよりも、そこそこのグレードのセラミド化粧品(美容液、クリーム、乳液など)と、そこそこの価格帯の “分子を細かくするナノ加工が施されたヒアルロン酸化粧水” を一緒に毎日使うほうが圧倒的にニキビ対策の効果への実感は早いでしょう。

大切なのは相乗効果です。一つだけ高いものを使うよりも、そこそこのグレードのものを複合的に使うほうが、値段以上の効果は得られます。

 

 

ヒアルロン酸もニキビ肌の保湿に効果的!

 

 

ヒアルロン酸もニキビ肌の保湿に効果的!

ヒアルロン酸は1グラムで6リットルの水分を保持できるという驚愕の保湿成分です。その手触りはネバネバとしていて、いかにも水を吸いそうなテクスチャです。ヒアルロン酸が間接的にニキビができない肌作りを強力にサポートしてくれるということは、もはや疑いの余地はありません。

しかし、ヒアルロン酸には重大な欠点があります。それは分子が大きすぎて肌に経皮吸収されて真皮層どころか角質層まで浸透することができないということです。

この欠点を補った改良型のヒアルロン酸が、ナノ加工を施されたヒアルロン酸です。安価なヒアルロン酸化粧水に配合されているヒアルロン酸には分子が大きすぎるものが多いので、ヒアルロン酸の美容への恩恵は全く受けられません。しかし、ある程度の価格を出せればそこそこ実用的なヒアルロン酸化粧品は手に入ります。選ぶ時には分子を細かくする加工がされているかに注目しましょう。

 

ヒアルロン酸で潤わせた肌の水分をセラミドで閉じ込める

肌の角層と呼ばれるミルフィーユ状の層の、層と層の間で水分を保っている物質がセラミドと呼ばれるものです。このセラミドは人の肌にもともと微量存在していて、肌全体の水分の50%以上にも及ぶ水分を保ってくれています。

セラミドもヒアルロン酸も非常に強力な保湿成分ですが、その保水へのアプローチ方法は全く異なります。ヒアルロン酸は水分の保持力で言えばトップクラスの美容成分ですが、もう一つの弱点として「単体では肌の表面に留まりにくい」という性質があります。つまり、蒸発によって消えてしまったり、敏感肌や脂性肌の方だと皮脂によって流れてしまうことがどうしても起きがちです。

 

セラミドはヒアルロン酸の不安定さを補ってくれる

 

セラミドはヒアルロン酸の不安定さを補ってくれる

しかし、そんな不安定なヒアルロン酸の弱点を見事に補ってくれる成分があります。それがセラミドです。セラミドは肌内部での安定性が非常に高いことで知られ、肌の水分を上から閉じ込めるかのように覆ってくれています。湿度が0%の環境でも蒸発しないという圧倒的な安定性を持つため、保湿力は高いけど肌に留まりにくいという不安定な性質を持つヒアルロン酸とは非常に相性が良いのです。

セラミド単体で使うのも良いですが、ヒアルロン酸とタッグを組ませて相乗効果を狙うのはかなりオススメできる保湿テクニックです。ニキビ跡の治りも圧倒的に早くなり、かなり肌のバリア機能が向上することからニキビもできなくなる、もしくはできても大きくならずに消えていくようになるでしょう。

 

 

 

コメント